二風谷アイヌ資料館

今回は日高に牛肉(平取牛ビラトリと読むんだそうだ)を食いに足を伸ばしたので近くの二風谷アイヌ資料館に行ってみたら
あらま!の寂れよう

萱野茂の収集物が展示されているのだが、雑多な世界の風物と混在となってしまっている
d0079499_1805322.jpg


Summilux-M 50mm/f1.4 ASPH.




d0079499_181431.jpg

d0079499_1811693.jpg

これらの建物の中には廃物が放置されどうしようも無い状態でした、これじゃ観光客は来ないよ
[PR]
Commented by tullyz1 at 2017-05-31 18:34
観光客が来ないから物置になったのでしょうね。
維持管理にもお金がかかるでしょうから大変ですね。
Commented by cobag2 at 2017-05-31 20:14
これは寂しいです、
こういう所まではCやKなど来やしませんからね〜^^;
北海道は広いから行政の手も届かないのでしょうか?
Commented by Neoribates at 2017-06-02 00:06
町立なのにそういう状況ですか...
こういうところに国は補助をつけるべきでしょうねぇ.
Commented by roxanne6 at 2017-06-02 17:55
>tullyz1さん
町営の博物館もあるのですがそっちはいかずに帰りました
うら寂しいお店が資料館の前に並んでいました
Commented by roxanne6 at 2017-06-02 17:57
>cobag2さん
CやKのかけらもいやしません!ほっとしましたが、ここは私立の資料館ですから
手を差し伸べるというレベルではないようです
Commented by roxanne6 at 2017-06-02 17:59
>ご隠居
タイトルを町立の博物館と間違えてつけてしまいました(-_-;)
道の反対にこっちはあります、萱野氏が私財で作った資料館です
Commented by minton at 2017-06-02 19:06 x
アイヌの言葉を使ったりした方ですよね。
お亡くなりになったことすら知らなかったです。
白人がアボリジニやインデアンを追い詰めたように日本人もアイヌの人たちの住むところを奪ってしまった。
そのことに申し訳ないと思うことがあります。土人保護という名目で土地を奪い生きる術を奪ったのは日本人ですから。
僕が若い頃知り合った秋田の方は透けるような白い肌とブルーが入った灰色の瞳とまつ毛が長くとても美しい人でしたが体毛が多いことを悲しんでいました。多分アイヌの血が入っていたのだろうと思います。
(遠野物語にもあるようにアイヌは東北にもかなり多かったようです)
こういう場所は楽しい観光地ではないかもしれませんが、国が守るべきものであろうと思います。
Commented by roxanne6 at 2017-06-02 20:40
>mintonさん
アイヌ文化を継承していこうという動きが広がっていますね、民族文化を大切にして行かねばいけません。

ところでその白い透き通った肌の方は当然女性ですよね!来週秋田に行ってきますが確か昔行ったときも美人が多かったような気がします
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by roxanne6 | 2017-05-31 18:02 | Leica M(Type240) | Comments(8)

あなたの瞳に写っているものは何ですか?


by roxanne6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31