カテゴリ:Epson R-D1( 6 )

菊池寛賞を受賞した山口瞳作の「血族」という本がある。
昔読んだのだが、横須賀のカフェー建築を調べるうちに
この本にたどり着いた。早速本棚を引っ掻き回したところ
その本は見つかった。
山口瞳の母の生家は横須賀にあった公娼街「柏木田」の藤松楼だったのだそうだ。
急速に安浦に客を取られ廃れていったようで、面影はほとんど残っていない。
R-D1+Avenon28mm/f3.5
d0079499_20592976.jpg


柏木田を行く
[PR]
by roxanne6 | 2007-03-31 21:10 | Epson R-D1 | Comments(0)
コレでこのシリーズは終わりにして
一気に今の様子を載せることにした。
R-D1+Ultra Wide-Heliar12mm/f5.6
d0079499_22252154.jpg


今の様子を一気に
[PR]
by roxanne6 | 2007-01-07 22:34 | Epson R-D1 | Comments(2)
R-D1+Ultra Wide-Heliar12mm/f5.6
客と女給が歩いた通りがそのまま残っている
鋳造の街灯の柱が洒落ており、今でも残っている。
d0079499_219346.jpg


今回は通りを中心に
[PR]
by roxanne6 | 2007-01-07 21:16 | Epson R-D1 | Comments(0)
R-D1+Ultra Wide-Heliar12mm/f5.6
ちょうど正月の年始回りをするために車を降りた女を見つけた
ここの窓の飾りも凝っている
d0079499_2233528.jpg


なかなか人の通るのを見かけないのだが
[PR]
by roxanne6 | 2007-01-05 22:39 | Epson R-D1 | Comments(0)
窓にカフェーの名前が残る
ガラスのランプの形が歴史を感じさせる
やはりタイルが使ってあり、窓が特徴的だ
R-D1+Ultra Wide-Heliar12mm/f5.6
d0079499_21591054.jpg


さらにさらに彷徨う
[PR]
by roxanne6 | 2007-01-04 22:08 | Epson R-D1 | Comments(0)
昭和33年に赤線が廃止されるまで、150件近くのカフェーが軒を連ねていた1画がある。
海軍基地が近く、横須賀にはそんな名残を残している街がいくつかある、柏木田、皆ケ作、安浦。最近急速に建物が壊され面影を失ってきつつある安浦を訪ねた。

R-D1+Ultra Wide-Heliar 12mm/f5.6

カフェーはこのようにタイル張りの壁が特徴だ。しかしすごい造りだ。
d0079499_20473872.jpg


さらに彷徨う
[PR]
by roxanne6 | 2007-01-03 20:53 | Epson R-D1 | Comments(4)

あなたの瞳に写っているものは何ですか?


by roxanne6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31